退職|先週仕事を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。

退職|3日ほど前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

  • 先日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングに出てきた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明していることの50%もその社員はわかってはいない感じです!それに加えて「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大切です」等、専門家のように横柄にのたまうからとっても不愉快でした。カウンセラーはそれなりに能力のある人にしてほしいと感じます。

  • 転職とは、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官と…

  • 転職活動のコツは企業そのものよりも、採用担当の面接官との勝負といえます。しっかり採用してもらうために、初歩として普段通りを意識して平常心で対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする姿勢で向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接によって最も初めにあなたの雰囲気や人間性を観てもらうわけですから、マイナスな印象につながる身なりは気をつけてゼッタイに避けましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した綺麗な服装で望みましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、昨今、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。とはいうものの、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。転職しようと考えるなら、時期というのも有るでしょう。とりあえず、現在の職場・仕事の内容について、不服を強く感じていることを少なくとも5、できれば10個ほど、探しておきましょう。そうすることで、将来の再就職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、早めに今よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

  • 退職|今まで経験したことのない分野とかに転業したいときには・・

  • 今まで経験したことのない業種とかに転身したい場合には、以前の仕事で、自分が身に付けた能力やこれまで経験したことを発揮できるという内容の自己主張が必要です。働いたことのない業界の場合、その分そのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも不足することはありますが、自分自身の持っている能力がその業種でも十分に発揮できるということをうまく相手に言えば、勝負になることもあります。そんな訳で、経験が全くないジャンルに挑む場合は、その業種と自分が今までやってきた職務との関連をできる限り見つけ出してみましょう。

  • たいていの場合は大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、…

  • ほとんどの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入る事は容易ではありません。しかも都会の外だと転職のチャンスがたいへん低くなるでしょう。ですが製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地近辺に拠点としている可能性が高いです。さらに、そういう場所では、事業を拡大する時に中途採用することも珍しいことではありません。そのタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する企業についての情報を把握し、その会社のホームページを覗いて、求人がないか頻繁にチェックしておきましょう。

  • 退職|転職先にて、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職の意思があるのなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ入社した年度は、大体試用期間を含んでいる会社がことが考えられます。私自身の新たな仕事に就いたときは、やっと転職して予想に反して前いた会社での年収とあんまり同額でした。おまけに、仕事内容はかなりキツく、たいへん責任重大な立場でもあったので、二年目を迎えるまで非常に苦労しました。そういった経験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、状況が許す限りやれるだけ転職以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 退職|転職のための活動を行っていて間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると面接時に絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について正直に話すのは得策ではありません。転職理由でよくある給与が納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • この前、転職したばかりであるにも関わらず、慣れもしないあい・・

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう人というのも意外と多いものです。何故そうかと考えてみると気持ちも新たに、新たな環境を見つけたものの、「自分の理想としていた仕事とだいぶギャップがあって幻滅した」「雰囲気が馴染めない」という感じで退職を決意することが多いといいます。可能ならばこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、初歩として、前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、通勤に掛かる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 失業保険の給付に関して、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。そうはいっても、「会社を辞めしばらくはゆっくりしたい」と考えるのが現実だと思います。ということで、本気で就職活動しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは言うまでもなく必要ですが、求人票を閲覧することが最低限やってください。本気で探す意思がないときには、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「やっていけそうに思える仕事が見つけられませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

  • 再就職の面接に関してですがクールビズで良いとと書かれている場合もあります。しかし・・

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでもOKとと記載されているケースもあるようです。しかし、クールビズで面接するのは社会人として常識に欠けるのでは?と思ってしまう人もいます。そのような思いを心に背負いこんでいる人たちに申し上げたいのが、企業側からクールビズを指定された面接に関しては言われた内容を素直に聞き入れたほうが間違いないです。色々迷うことによってしまい、とても暑い季節にクールビズでないと面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 女性の転職は、今と数年前では若干、状況に違いがあったりします。

  • 女性が転職するに当たり、今日と一昔前では若干、状況に違いがあったりします。かつては面接のなかで、結婚と出産についての考え方などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。でも、今現在の流れとしては、そういった内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業、が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして神経を尖らせているようです。けれども、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その人の生き方結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っています。あなたの価値観を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と併せて伝えることで、相手側にもしっかり伝わり、安心できると考えます。ですから、質問されていない部分も、先にあなたから率先して答えてみることを考えてみてください。

  • 仕事の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の就…

  • 職を変える時に必要なスーツの色合いについては、新卒の方が就活の時に準じている色味が良いとされています。言い換えると、黒や紺色のダークな感じの色合いになるわけです。それは再就職であっても、着用するスーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーがほとんどで、他の色のビジネススーツの人は少数派です。他のカラーで言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、全体的には黒や紺が大多数なので、面接を行う採用担当の人もそういった色が違和感なく感じるので、第一印象という面ではおすすめということになります。

  • いよいよ転職を考えているのなら、現在の仕事での納得いかない部分・・

  • 今からでも転職しようと思うのなら、現状の仕事の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らない点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えていまの人間関係などの問題なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事ができると思います。

  • 退職|転職の面接を受けるため転職希望の会社へ向かいました。

  • 転職のための採用面接にとある会社に赴きました。その日に限ってその会社で部屋が空いておらず会社外で面接官と待ち合わせをして面接をして、当該会場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と同じだったのです。なので電車の中でも面接官と一緒にお話をしながら帰ることとなって、おかけで緊張がなくなって面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したからなのか幸運にも採用をゲットすることができました。

  • 自分のスキルや資格を活かして転職活動を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種・・

  • 今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的に人手不足である医療・介護業界がおなじみですね。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事がきついからと異業種に再就職する事を考える場合、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性は少なくなります。そのため、安易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、他の業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておきましょう。

  • これからの社会では確実にシンプルな仕事は機械に差し替えられて…

  • 今後の社会では考えなくてもできる労働は機械に変更されていきその変化によって稼働人口は少なからずカットされていきます。簡単な作業という観点ではヒト以上に機械で作業するほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わないし、疲れ知らず、横着をすることもないし、正確だし均一化できるメリットもあります。おまけに給与が発生しないのも大きな違いといえます。こういった点から、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは当然の結果といえます。