より安定した人生を欲しがって正規社員として働くことを意識している人・・

退職|安定した生活基盤を欲しがり「正社員」になりたいと思っている人・・

  • 安定的な暮らしを送ろうと正規の社員として働きたいと考えている人は多いと思います。でも、相当に頑張っているのに中々正社員としての転職活動が叶わないケースも少なくはいはずです。派遣社員の求人情報はたくさんあるのに正社員の求人募集以外には目も通さず時間を無駄にしてしまっているようです。万一中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員募集の企業のなかには、働き手の能力によって数年で正社員にステップアップを狙えるところもあるからです。ですから面接の最後に「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしても人生設計が立ちやすいはずです。

  • 転職先でそれまでに培ってきたスキルを生かすことができれば…

  • 転職した会社であなたの過去のキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として仕事を任してもらえ、即、仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり雇い主側も即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばそんなに難しいことではありません。それに加えてかつての仕事と似ている仕事内容なら見込みは十分にあります。そういっても、まずまずの能力があるといっても大手の事務系、公務員の募集については、時代に関係なく、中々の難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

  • 退職|昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほ…

  • 今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得、または個人経営 を目指す人も増えています。そういった世の中の背景もあり、「起業はキケンだ」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代の際には、どう転ぶかわからない株式投資や、個人事業で生きるよりも組織の一員のほうがずっと将来が安定していて、人のあるべき形として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されていました。そんな時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」といった名称で表現されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

  • 転職をするとき、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり・・

  • 転職活動を始める場合、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして関心のある会社を調べるでしょう。しかし、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんな文句をつけて退社させないように画策しています。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。

  • 派遣会社を介して働く人が近頃増加しています。

  • 派遣会社に登録して仕事をする人が近頃は増加する傾向にあります。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを面接時に質問しておきましょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、気が付くと労働者に3割しか還元しなかった、というケースもかなりあります。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であることが多いので、できることなら別の派遣会社のもとで登録されることをオススメします。

  • 新しい仕事を探すとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

  • 新しい職を探す際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になるケースもあるでしょうが、あなたがそういった業者に登録してその結果仕事を得ることができた場合でも、失業保険は給付されない。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付されないので注意が必要。これと異なり、ハローワークを通じて斡旋してもらった会社に就職したときは、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取れることになります。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このことについて知らない場合は、失業中にお金が手に入らなくなるので、気をつけておきましょう。

  • とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。その…

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。ようやく、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、たいへんにだるそうな対応の状態のままやっとのことで面接を終えました。ところが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。そこでもう一度連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりのことに呆れて言葉を失いましたが、本心から、不採用で良かったとホッとしています。

  • 転職活動をするとき、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、…

  • 転職活動を行う際、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の見方をすると、口コミの内容が真実でなければ、会社としては放っておけばいいようにも思えます。ですが、実態は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いということは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる確率が高い、と判断して良いはずです。人もそうですが、善良な会社だったら煙は立ちません。

  • もっと良い職場の社員になりたいと転職活動をする人というの…

  • 今と違った会社がいいと転職活動をしている中の大半は、「1日も早く、内定が手にしたい」と考えるものです。ですが、内定を欲しいばかりに、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいはその逆に自分を安売りしてしまう言動は可能な限り避けておきましょう。大事なのは焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を選択してみましょう。

  • 退職|今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は働いている所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、状況によっては会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の額は、最後の月の近々の給料を基準に支給する額を計算されるため、繁忙期や閑散期がある方はなるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 退職|転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとたいへん参考になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、良い勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社見学は、スキルを間近で見られるので気持ちが高ぶります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には例外なく、普段通りの姿を見せてくることは少ないのです。例を挙げるとブルーワーカーなどの業種です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社しないと、本当の働き方が出ません。そのため、仕事=見学内容と考えないことが重要なのです。また、会社見学時に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでない人には何かあった時の保障など一切ありません。万が一、勧められても角が立たないように断るのが無難です。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動される人は多くなってきました。ですが、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それに並行して転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加することで複数の企業について知ることができ、また、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の個性を伺えるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に行くつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。もしもフェアを通して企業から興味を持ってもらえたら、正式に応募して採用面接でかなり有利になると期待できます。

  • 再就職をする場合で100%聞かれるのが退職した経緯についてです…

  • 転職時の面接でかなり高確率で尋ねられるのは前の職場を辞めた原因なわけです。この質問になった際には話の中心を前の職場にしない方がベストです。会社を退職するに至った経緯が中心となり話が進むとほぼ確実にマイナス要素を含んだ内容になってしまいます。この点を上手に進めていくには前の会社を辞職したのはぜひともこの職場に入りたい理由があったからという内容にすべきということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。こういった内容ならば良い印象を与えることができる前職を辞めた事情にすることが可能です。

  • 退職|新しい仕事を探すのに、まずは今働いているところを辞めて…

  • 転職活動をスタートする際、会社を辞めた後で転職しようと考える方もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには会社がいつボーナスを支給するかを気にしておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はたくさんありますけど、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをゲットできる日まで数か月しかないのなら、ボーナスをもらった後で辞める意向を伝えるというやり方も賢いやり方です。ボーナスは少々大きい額になると思うので、もらわないのはもったいないとも考えることもできるでしょうから、転職を考える時にはボーナスが支払われる時期について知っておくほうが良いです。

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、じっとしていれば受け取れると考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が非常に多いですが、それは間違いです。実際は、失業保険を希望通りに受け続けるためには、職探しを続けている必要があり、その上、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況を報告して真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。その真逆に、真剣に仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、決まりとして給付の一時停止に至ったり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう気をつけておきましょう。

  • もしあなたが転職を予定しているのなら、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もし近い将来、転職するのなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくと、転職に有効に使えるので、転職先を探すのが楽になります。そういうわけで、在任中の時間がもっともよいタイミングです。あなたが再就職を考えているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、今の職場を離れたあとも後悔することなく前に進めるはずです。加えて、資格を保有することで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接のときには即戦力になる人材だと判断され、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。