転職を行う際、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、…

転職のために現在勤務している会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職をするために今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もし自らが希望して退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険はすぐには給付されず手続きを終え、失業したことを認められてから3か月の期間が必要なのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際に勘違いしてしまった人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因となりハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてすぐに失業保険をもらえます。

  • 大手転職エージェントに限って、多数の案件を抱えてい…

  • 大手の就職エージェントに限って、多数の案件を扱っているそれに比例するように、転職を希望するライバルも多くいます。それゆえにあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフのほうで望みがないと判断すれば応募してくれないこともありますし、あなた以上に転職の可能性が高い適正人物が他にいたら、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模なエージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりそこそこ難しいので、考えを変更して中小レベルのエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか話しをすると自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接では、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収を多く偽って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 転職する場合、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人が…

  • 転職というものをする場合、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人がかなり多くいるようです。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与としてもらうために働くのでしょう。だから年収がどれだけかは自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、当然大切に思うのは否定できません。とはいえ、愚かにも年収ばかりを固執しすぎる人生というのも人生を損してしまう気がするでしょう。収入に直結しない仕事であっても精神的に満たされる可能性があるからです。

  • 退職|転職を考えている時に閲覧する仕事の情報というのは、目安として、アバウ・・

  • 再就職を考えている時に注視する募集要項の情報というのは、目安として書いてある可能性があります。そのため、そこに書かれている内容は正しいものだと迂闊に信頼しないほうがよろしいでしょう。その中でもとりわけ給料面に関しては、社員を平均して出した金額なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?というような見極めができない人のほうが多く自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、後から後悔することになる確率もあります。という訳で、嫌な思いをしないために、募集内容についてはだいたいのものだと考えて、そういったたいへん肝心な内容は直接問い合わせるのがよろしいでしょう。

  • 今ではPCを使えばインターネット上では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが…

  • とみにPCやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界では「転職サイト」と呼ばれるものが無数に点在しています。その多くのサイトから自分自身に見合った転職先というのを見いだすには最初は情報を集めることをしましょう。サイトをうまく使いこなすことで、効率的に転職が叶えられるはずです。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用できるサイトかどうかを他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。

  • 人の紹介をキッカケにして転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 人の紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、その場の労働環境、あるいは労働時間などの大切な部分を友人の口コミを鵜呑みに判断するのはあまりトラブルになることが多いです。というのも、個人の口コミは客観性に乏しいからです。つまり紹介者にとっては、心地よい職場に映っても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という環境なのかもしれません。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、最終的には自分の決断を信じるしかありません。

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急に転職活動を始めても好条件のところを見つけるのは困難です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接時にその手の質問をされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

  • 退職|転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてほ・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしていただきたいポイントが複数あります。派遣に対して、データの入力、その他雑用等をなどの仕事内容をぼんやりと想像する方がおそらく多々ありますよね。本音を言うと私自身もそのように思っていました。今、勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応がメインです」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、業務に掛かると、まさか抜けた正社員さんの穴埋め業務を要求されました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日かなりきついです。今はただひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 退職|転職期間ではついついだれた生活になってしまいます。

  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。けれども、そんな風な過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜかというと、緊張感のない、だれた生活が普通になると、「心」にも悪影響が出やすいためです。気づけば、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困る状況にも・・・。そうして、悪いサイクルがさらにつづき、次の仕事をうまく見つけられなくなります。再就職先を決めることができないのは、お金を一番に考えてしまうからです。給料を第一に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • 退職|転職活動をするのなら、気になった求人(または業界)があれ・・

  • 転職活動しているとき、気になる求人(または業界)があれば、逐一、「〇〇業、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはその業界のマイナス点は、知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索によってカンタンにその実態を知ることができます。そういった検索をしないまま、会社に入ると、後々に落胆してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」という場合がかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

  • 転職活動では、準備は不可欠です。

  • 転職する場合、それなりの準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「服装」は、気になるところだと思います。しかし、昨今の、採用面接については私服が多い会社があるので、スーツを着て面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに創業間もない会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。そして、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。そして私服なら、時には面接時に服装について、話が広がることもありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、今後、転職にトライするなら「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • 退職|雇用期間中なら、できたら、周囲にバレないよう(私の経験談で・・

  • 就労中はできるだけバレないように(自身の例ですが)前職中に転身したいという考えだけを早期に社内で話して、反応を見たことがあります。けれども、その後求人情報を散々あれこれ見ていったものの、転職先のあても、転職するタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、ダラダラと時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方の会社の側は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

  • 派遣社員だからといって契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職活動したことで感じました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、すぐに子供がほしかったので、その時がくるまでのあいだ、数年だけ今までの仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、正社員より収入は少なかったですが、ですが時間的な自由が得られるのでガマンしました。しかしながら、入社してみると一緒に働く方たちは大多数のスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣社員といえども、すぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • もしあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に…

  • あなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」にて大都市から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。最近は求人情報サイトを用いれば、地方や郊外での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。ただ、地方や郊外での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。なので、転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所のサイトもしっかり確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの情報もチェックすると良いでしょう。

  • 退職|以前は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

  • これまで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、システム上、都心の企業の求人がほとんどだからです。これまでの転職時は「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着という点では安心して面接に進むことができます。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している人がかなり多いと思います。以外にも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、転職を検討しているのなら、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。