転職時の面接で面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」…

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事担当から「転職理由は?」と必ず聞かれますが、その際、どんな事情があっても、前の職場の「人間関係」「働く環境」に関しての不満を絡めた内容などは、意識して避けましょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいます。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが大切です。、あくまで「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といった未来に目を向ける形が求められます。

  • 退職|転職によって職場を新しく換えるということは、自分に見合…

  • 転職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う自分にあった職場に就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、うってつけの仕事に就くことができるかもしれません。ただ、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしい能力がないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、あなたの力量次第で、天職に恵まれる可能性も高くなる、ということです。現在の社会では「職業選択の自由」が普通に常識として当たり前になっているので、退職し転職を選択しても困難も生じないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある今は、「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業も増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。

  • 退職|会社が原因で回復が難しいほど心的な負担がかなり増…

  • 仕事のために回復が難しいほど心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、身内に話を聞いてもらい退職するか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするということは当事者である自分ではありますが、同時に家族の問題でもあります。毎月、納得のいく給料が良いからといって、精神がボロボロになるまで働きつづけるのは、好ましい状態とは言えません。今の社会では、物質的な豊かさよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にしていく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族とあなた自身の心と体も大切にしましょう。

  • このような話は知人からの話です。

  • こういう転職というのは友達からの話です。在学中の就職活動でどうしても入社したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、それから後泣く泣く違う会社に入りました。数年経過した頃に派遣の求人のサイトで偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、どうにかしたくなってその時働いていた会社をすぐに退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、やったな、と思った行動です。必死のパッチで頑張ってその先問題なくA社で正社員登用され、現在では仕事に誇りを持ちながらいきいき仕事をしています。

  • 派遣会社に登録しています。サイトの中で気になる仕・・

  • このところ私は派遣会社に入っています。サイトでふと興味を引かれる仕事を探し出して確認してみると「そのお仕事はもうすでに他の人で話が進んでいます」と言われ一時的にウェブサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、その翌日になると元通りに掲載されています。ということは結局私だとダメっていう意味ですよね。そういうことであればカドが立たないように正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまたもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?

  • 良い転職する先を見つけるためには、あらかじめ、徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 良い転職先を見つけるためには、事前の情報収集を徹底してみましょう。そうしようと思うのなら昨今は例えば中小零細企業であろうともホームページを開設しているというのが多いので、インターネット上で自分が気になる点を手に入れるとまたその企業の疑問等を解消しておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも対策としては有効です。実際に何より転職の候補している職場を自身で判断してみるのも良いと思います。

  • 楽しく転職活動をすることができれば、精神的な負担も少ないの・・

  • 将来に目を向け、楽しみつつ、転職と向き合えれば、精神的な負担を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられます。しかもメンタル面が健やかであれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。理想とするのは、休職せずに新しい職場に飛び込むことが重要です。現在の会社に勤務しながら、次の仕事を見付ける形が理想です。それに、隙間のない探し方をすることで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴の空白期間をなくせるため、今後に響きません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動を進めていきましょう。

  • 派遣で就業しています。派遣法や労働契約法の関係で長くお世話にな・・

  • 派遣で就業しています。派遣法と労働契約法によりやむを得ず、長い期間働いた就業先での仕事があとわずかで終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社から直接雇用のポストを手に入れた人もいるのですがはっきり言って仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらいがうまくてそれが採用の決め手となった模様。業務上の能力よりおじさんに媚びるスキルの方が必要なのかなーと選考に漏れた他の派遣のメンバーと派遣先の会社で愚痴を言ってます。

  • 働いていた会社ですぐにきれる上司に神経を使い、最後・・

  • 就業していた会社でパワハラを行う上司に神経を削られ、ついにはやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同業者の他の企業に移りました。上との関係も良好で仕事ができて満足の日々でしたが、緩やかに業績が悪化し、ついにはとある会社に経営統合されることとなりました。そしてその経営統合先の会社が驚くなかれ以前いた会社で、すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。当然ながら再び転職活動を開始する予定です。

  • 就職するため職探しをするときに気を付けるすべき求人・・

  • 就職のため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合がたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間や45時間というように求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、給料に残業代を組み込むという仕組みになります。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代25時間込』という記載は「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という話になります。けれども、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともあるので気をつけておきましょう。

  • 何年か前までは求人情報に雇用側が必要とする「性別」について・・

  • 昔の求人誌では、求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。ですが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用する際、男女差別があってはいけないルールとなり、求人情報の中身に「性別」が記載されなくなりました。そうはいうものの、募集を出す企業側としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。ですから、本当は男手を必要な企業に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍できる職場です」とアピールしている場合、女性の働き手を希望しているのだと考えたほうが良いです。

  • これまで20代前半に転職を数回経験して、そして現在…

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、今現在は複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務ではないのでどうしても手取りは以前よりも少ないです。しかしその分、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、実際に、そういった人を見る度、とても羨ましいと見えてしまいます。これまでは、成功している人と自分との違いにガックリしていましたが、しかし現在では、結婚して生活そのものが大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しい毎日を過ごしています。

  • 退職|これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフト制のある仕事についてです。毎週、同じ曜日に働ける人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任の女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと本当に腹が立ってきます。

  • 退職|自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが理由で料理店(レストラン)に勤めていた時期があります。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係にすごく悩まされました。ということが引き金になり、仕事をやめることになったのですが、同時に、食べることやそのレストランでメニューとして扱っていた食べ物さえも苦手になってしまい、その系列の飲食店はしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分と向き合ってから行動するべきです。

  • 長きにわたって接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねると…

  • 長く接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとるにつれ立ち仕事は体力的に耐えられず、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを視野に入れて行動にうつりました。事務未経験となるとわりと厳しく、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人の医院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃よりも帰る時間が遅くなってしまったのですが、とにかく今はキャリアを形成する時期だと考えて仕事を続けます。

  • 退職|もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知る…

  • もしも転職することが、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の空気が一変するおそれがあります。周囲との付き合い方によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされることもあるので、軽率に「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。そういった状態を回避するため、今の職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気のまま心置きなく会社を退職できるはずです。それに、円満退職で終えられたなら、転職後にも、相談にのってもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりは大事なので、転職前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。