再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出された場合、…

退職|再就職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた場合、…

転職の面接などの場面でもし名刺を渡された場合、同じようにあなたも名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と迷ったときは、普通一般的には渡さないもの、と理解しておいてください。面接に関して言えば仕事の延長ではなく、就職活動の一環なわけですから、大体は名刺を交換する場ではありません。また、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を渡さても、あなた自身は名刺をもらうだけで大丈夫で、相手側に渡すことは必ずしもないと思われます。

人生で初めて転職を行うのであれば、頭に入れておかなければいけない…

生まれてはじめて転職をするにあたって、頭に入れておくべきなのはどうして現在の仕事を去らなければいけないのかをはっきりしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。そして問題解決ができる会社を決めていってください。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは違って、働きながら就職活動を続けていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。したがって明確な理由がないまま転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまう可能性もあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくのがいいでしょう。

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社も増加しています。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしも、あなたがヘッドハンティングらしい連絡をもらったときには、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もあるらしいですが、そのような業者は当然ながら嘘なので、注意しましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

自分が転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが、…

以前はたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルが本当に多種多様でほぼ物足りない方ばっかりでした。こちらは人生がかかっているのにもっと熱心にに臨んでほしいという落胆した気持ちが募って、そんなことがあり自分がキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格取得のためには経済的な負担にもなりました。また勉強面に関してもとてもハードですが、仕事を探している人たちからアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるように頑張っています。

転職のために失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが…

転職に先立って「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、あなたの意志で退職願を提出して退社する、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則をわかっていない人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果ハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。ですが、リストラなど会社側の都合による退職のときには、失業が認定されればすぐに失業保険を受け取ることができます。

大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を抱えている…

大規模な転職エージェントは、多数の案件を持っているという魅力がありますが、一方、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。それゆえあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントの担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、あなた以上に転職の可能性が高いライバルがいたら、その人を優先しやすいのです。このように大手転職エージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募しがたいので、発想を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性は普通はありません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれる恐れもあるので、気をつけましょう。

転職というものを考える際、そこでの自分の給与ばかりを気にする人は…

転職というものをする場合、転職後の自分の給与ばかりを気にする人は、意外と少数派でもないでしょう。ほとんどの方は、ですから生活費を給与として稼ぐべく仕事をしているのはずです。年収は自分の仕事に対する評価という見方もできますから、大切なのは当然なのですが、でも、愚かにももらっている年収額ばかりを固執しすぎる生き方というのも寂しい気がするでしょう。よく見れば収入に直結しない仕事であっても精神的な充足感を得られることは普通に転がっているからです。

再就職をする際に見ることになる募集事項については、目安として、アバウト・・

再就職をする時にチェックする求人情報というのは、参考程度に載せている、という可能性があります。ですから、掲載されている情報は必ずしも正しいとは信じるのはやめておいたほうがよろしいかと思います。とりわけ給料においては社員を平均した額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?というジャッジができない人はたくさんいて自分の勝手な判断で判断してしまうと、後から後悔することになる事いなるかもしれません。ですから、嫌な思いをしないために、求人情報というのは、目安だと思って、そういった内容は直接確認するのが好ましいでしょう。

退職|いわゆるパソコンやスマホで調べればネット上では、今で…

最近パソコンやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界では今では転職系のサイトが多くて困るくらいいっぱい存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自分に見合った転職先というのを見つけるには何よりも情報を集めることが必要です。こんなサイトを上手く使いこなすことで、効率的な転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを他と比べつつ、厳しくチェックしてみてください。

知っている人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

人による紹介で転職先を見付ける人がいます。…が、転職の先の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミだけを過剰に信じると後々トラブルになることが多いです。というのも、そういう口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に知人にとっては、とてもよい働く場所だったとしても、あなたには、まったくそう思えない環境かもしれません。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、最後は自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

失業した際にもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件です・・

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業している間もらえるが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ就職先を探しても条件のよいところを探すのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、失業中に何をしていたかといった内容は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ときには、面接官からそのような質問を食らう可能性もあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、まず受からないでしょう。

退職|転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に…

転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていただきたいことが複数あります。一般的に派遣社員と聞くとお茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務をぼんやりと想像してしまう人が多いかと思います。本音を言うと私もそう思ってました。今、働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。しかし実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。

転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間がある分、…

転職の間は、つい時間が有り余っている分、ダラダラとした生活になりやすいですよね。でも、そんな風な過ごし方を習慣にするのは危険です。言うまでもなく、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、「メンタル面」にも悪影響があるからです。だんだんと、働く意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。こうして、すべてにおいて悪循環になり、転職先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活は転職活動中にしないようにしましょう。

今後転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業界)…

これから転職活動をするのなら、気になった求人(OR 業界)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントからは業界のマイナスにあたる箇所は、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、インターネット検索によってカンタンにおおまかな実態を理解できます。そのような検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、あとから痛い目にあいます。その求人が出ている理由が「仕事内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合がかなり多くあります。目に留まった案件について、注意したほうが良いでしょう。

転職活動には、然るべき準備はしなければなりません。

転職活動にあたってそれなりの準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に映る「ファッション」は、注意している人は多いでしょう。…が、ここ数年の、面接では、私服で大丈夫な会社があるので、スーツ(正装)で面接に臨まなくても良いケースもあります。会社の設立したての企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良いイメージを持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと時には面接時に洋服の話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、面接にトライするなら「設立した年」を確認し、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。