在職期間中なら、できるだけ社内の人間にバレないよ・・

在職中であるのなら、なるべく同僚に悟られないよう・・

就労期間中なら、可能ならば、社内の人間に悟られないよう、(自身の転職活動では)雇用期間中に転身したいという考えだけをはじめのうちに社内の人間に話したことがあります。けど、それから、求人を探していたのですが、思いとは裏腹に転職する時期など、何一つ決まらず知らぬ間に時が過ぎてしまい、その傍ら、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

派遣社員というものは、自分の好きなタイミングで退職できるものではな・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職によって思い知らされました。新婚生活に慣れたらすぐに子供を授かりたかったので、それまでの期間のために1年半~2年くらい継続で仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、給料は少なかったですが、仕方なく「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが10年~15年ほど勤務しているというのです。結論として派遣といえども、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

もしあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」のよう…

再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で転職したい、と考えている人が、近年増えています。一昔前とは違い転職サイトを駆使すれば、国内のどの地域の求人も簡単に得られますが、郊外や地方での求人に関しては、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。ですから、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもよくチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。

今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。

これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で仕事を探していました。なぜなら、大手「転職サイト」は、いつも都心の求人情報しかないからです。であったので、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域に寄り添った企業が多く、探しやすい魅力があります。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と思われている人がかなり多いと思います。良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、この先転職を希望しているのなら、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。有名な転職サイトみたいにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問とし・・

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、「今の会社の退職」があげられると思います。転職先の企業が決まっても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めることも少なくありません。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強固な意志を貫くことが大切でしょう。仮に会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。それから、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と堂々と伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも一つの転職活動です。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。ほとんどの会社が履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を元に面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ穴を埋めることにとどまらず、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細と、自己アピールをしっかり書きましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など分かるように書いておきましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分にプラスになるようにうまく活用することも転職を成就するための有効な方法です。

再就職の際の面接は、小規模業者クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官になります・・

転職時の採用面接では、小企業であれば、ほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。直接、ともに仕事をしていく作業部署の責任者、つまり部長・課長などの役職の人が面接場にいあわせることも決して少なくありません。とりわけ、事務職や営業職などの部署に転職するのなら、資格による人の判断をするのが難しいですから、堂々と自身をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当者たちから「この男はハッキリ主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

退職|転職時、かなり重要なのが「面接」である。

転職をするときにかなり重視されるのが「面接」というものです。よくある面接では応募者に対して、転職の経緯や退職理由など色々なことを質問されると思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できるわけです。面接官側が、「弊社で働くことについて何か疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人が緊張状態で、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こんな場面に備えて、予め面接官からの質問に対し、答えを準備しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

一昨日転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録に向かいました。

一昨日転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当者がどうも会社に入って間もない社員のようで、私が説明している話の半分も彼は理解できていない感じ。そのくせ「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが必要です」とか、大上段から横柄にしゃべるから非常に不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこ社会人を経験している人にしてほしいと感じます。

退職|最短で転職したい場合は企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」…

転職活動では、希望している企業そのものよりも、採用担当の面接官とのやり取りが肝心といえます。面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例えればお見合いをする心構えで望むと問題はありません。面接によってまずは自分の人間性を評価されるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意しやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしく清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、自ずと良い結果を出せるはずです。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。その背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかし、「転職」が当たり前になったからといっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に仕事を変えたいと考えているなら、まずは適した時期を図る必要があります。その基本として、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと感じることを10個前後、書き出してみてください。そうしておくと、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして決断したら行動を早めに取り、よりキャリアアップできるように、努力していきましょう。

初挑戦の業界などに転業をしようとするときには、前の職場…

全くの初挑戦の業界などに職を変えようとするときには、以前の職場で身に付けたスキルややってきたことを生かすことができるといった内容のアピールが必要になります。勤務経験のない業界の場合、未経験の分そのジャンルで働いたことがある人よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がその業界でも十分に発揮できるということをしっかりと相手に言えば、戦うことができることも考えられるのです。という事で、経験のない業種にチャレンジするときには、その分野と前の職場でやっていた仕事とのつながりを探しましょう。

一般的観点からすると大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから…

一般的に見て大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には不向きです。それに、都会エリア外だと転職のチャンスがさらに小さくなります。しかし製造業の企業においては、地方の工業団地の近所に工場を置いている多々あります。また、そういう工場の場合、事業拡大にあわせて「人員募集」をしていることがよくあるので、そういった機会に転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する企業についての下調べからあらかじめ仕入れておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の予定がないか定期的に確認しておくと間違いがありません。

転職した場所では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職先にて、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。転職したはじめの年は、大体研修期間が含まれることも少なくありません。私自身のときは、やっとのことで手に入った職場なのに、なんと前の会社での年間報酬とほぼ同じだったことがあります。加えて、業務内容はきついうえに、立場上責任を伴い、1年目を乗り越えるのに本当に労力を伴いました。そういった実体験から、転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、なるべく転職以前の段階で貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

転職活動をやっていると、間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接で例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、転職理由について正直に話すのは得策ではありません。例をあげれば給料に対する不満、人間関係に対する不満など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

このあいだ転職をやっとしたというのに、少ししか仕事もしてない・・

このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が意外とよく見受けられます。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうと新しい環境を手に入れたものの、「自分の思っていた仕事とおかしいと思うほど違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」と考えてしまって別の仕事を探すことが珍しくないといいます。こういった転職における失敗を避けるためにはやはり、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。業務におけるルール、通勤にかかる時間、などあれこれ事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。