これはシフト制の仕事についての話です。

退職|これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方をあらかじめたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、産休で休む人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が「土日」に必ず出られたので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、「おかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが本当に好きだったのですが、それが高じて、過去には、料理店で働いてもいました。そのレストランでの業務は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまいました。そのことが理由で、職場を離れることになったのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物も嫌になり、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと願い、それを実現させることは悪いことではありません。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、真面目に自分と向き合う必要があります。
  • 長い間接客関係で働いてきましたが、加齢のせいか立ったままのお仕事・・

  • 長い間接客業で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれて立って行う仕事は体力的にハードなため、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を第一目標として行動しました。事務の経験がないとなかなか採用してもらえず、そこで接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格も合格して個人クリニックに転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業時代より家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、最初の頃はキャリア形成の時期と思って我慢します。
  • 退職|転職する前には、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまうと・・

  • 転職する前には、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が悪くなる可能性があります。働く環境によってやっかみや意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを避けるために、現在の仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうすることで、良い関係のまま最高の形で会社を退職できるはずです。しかも、何の問題もなく円満退職となったなら、転職後に、あなたが困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界や規模に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、転職前のトラブルは、充分に注意しておきましょう。
  • 転社を繰り返さないためにすることは一つだけです。

  • 転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えることが可能です。たとえば「海外に行くこと」です。外国は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を得られます。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いので心の回復のために休暇も必要です。
  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。ですが、仕事を行いつつ求人情報を見つけて応募したり、面接に臨むのは精神も肉体もかなり骨の折れる作業といえます。転職活動中は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、書類選考をパスし、面接の連絡が来た後で事態すれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。
  • 退職|転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。現在の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても新時代となる変化が出つつあります。その作用もあって民間企業サイドでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。ちなみに、「外国人労働者」の総数を高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。
  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される転職情報がたくさんあるため…

  • 転職サイトは大手サイトの方がたくさんの求人情報が掲載されているため、約2~3社ほどとりあえずはウェブ登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報を集めることが可能です。ですが、最初は登録するのに少しばかり時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録初日は少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを推奨します。
  • より安定した人生を送りたいと正社員になりたいと考えている…

  • より安定した暮らしを願って正規の社員として働こうと考えている人はかなり多いと思います。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに正社員のためのキャリアアップが叶わないこともあるでしょう。準社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人募集以外には目も通さず時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一あなたが、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、契約社員や派遣社員の求人募集も見てみましょう。正社員を募集していない企業であっても、その人の頑張りにより、2,3年で契約社員から正社員への転身を狙えることもあるんです。ですから面接の最後に「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを尋ねておくと将来設計にも役立ちます。
  • 退職|再就職した会社でこれまでの実力を活かすことができれば、…

  • 新たな職場にてこれまでに身に付けたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として見なされ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社側も即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえ問題なければ、容易だといえます。それに加えてかつての業務内容と近い仕事なら転職は非常に容易になります。とは言っても、まずまずのスキルがあるといっても大手企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、昔と変わらず相当な難関ですから、楽観視は禁物です。
  • 退職|今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得、また…

  • 今では、株・不動産投資などの不労所得や起業で頑張っている人も増えています。そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった見解も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、個人事業よりも雇用されて働くほうが安定していてました。人生の正しい道として、またそれが自然のことのように広く世の中に浸透していました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名が付けられています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。
  • 転職活動を始める場合、事前にネット上で転職関係のサイトを見たりし…

  • 転職をする際は、予め、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調査するでしょう。しかしながら、その会社が情報を公開する際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そういった会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、それを事実として見るのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんな話じゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近頃は増加しています。

  • 派遣社員として仕事をする人が最近では増える傾向にあります。派遣会社が受け取る報酬が一時間あたりいくらで、その中で何割が自分に入るのかを面接の際に聞いておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い派遣会社では、8割だけしか労働者に還元しない場合も少なくありません。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、できることなら別の派遣会社を利用されることをオススメします。
  • 新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 就職活動には、ウェブ上でのエージェントを使うケースもありますが、もしそういったエージェントに登録した結果転職先が決まったとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを通さずに就職しても給付対象とならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就職したときは、就業に備える準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。この点について知らないでいると、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 退職|ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしました。すぐ・・

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。2、3日して担当者から面接の日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、行ってみると、なぜか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、淡々と面接を終えました。しかしながら、予定日になっても結果連絡が一切来ず、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で改めて問い合わせたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、本心から、不採用で良かったと痛感しています。
  • 転職時は、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職をするにあたっては、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはぜひとも利用すべきです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、裏を返すと、ウソの書き込みなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと思い、一刻も早く火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分関わったらトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと考えてもいいと思います。そもそも、本当に善良な会社であればトラブルは起こりませんから。