転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている・・

退職|これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人に…

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしてもらいたいことが複数あります。まずはじめに派遣業務については、電話対応、その他雑用等をといった仕事内容をなんとなく連想する人がおそらく多いかと思います。本音を言うとかく言う私もそう勘違いしていました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、電話応対と聞いていました。採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。でも、いざ業務に掛かると、辞めた正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明とはかなり違っていたので全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    退職|転職期間ではつい時間があるため、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。

  • 転職の間は、ついつい時間があるため、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そのような過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。なぜなら、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そんな状態になると、悪いサイクルができてしまい、転職先が決められません。再就職先を決めることができないのは、お金を最優先に考えてしてしまうからです。給料を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られないように暮らしていくためにだれた生活は、しないように気を引き締めましょう。

    今から転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職・・

  • あなたが転職活動中に、良いと思う求人(あるいは業種)があれば、逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで調べておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、その業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。ネットで調べればネット検索によってカンタンに瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そうした現実を知らずに会社に入ると、のちに痛い目にあいます。だいたい求人が出ている理由が、「仕事がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースがかなり多くあります。目に留まった案件について、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

    退職|転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職を進めるには、相応の準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える服装は大事な部分だと感じてしまいます。…が、ここ数年の、企業面接に関しては形式ばらない服装がOKなところも多いので、スーツで決めて面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の設立してすぐの会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接を受けたほうが、良いイメージを持ってもらえます。そして、正装ではないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。また、私服であれば面接の間に、服装の話題に発展しやすいですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、これから転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    在職中であるのなら、極力同僚にバレないように(私の経験談です・・

  • 就労期間中なら、できるだけ周りの人に悟られないよう、(私のときは)就労期間中に転身したいという意思表示のみを活動初期の段階で会社内で知らせたことがありました。けれど、その後転職サイトをあれこれチェックしていったのですが、結局転職先も転職時期すら無計画なまま決まらないまま、ズルズル時間が過ぎてしまいました。その一方で、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが決定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経て次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

    時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎え・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職で気付かされました。私は結婚し、生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの期間のために数年くらい今の会社で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員より報酬は少なめでしたが、それでも時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。ですが、いざ入社後、一緒に働く人たちのほとんどの方が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣を選択したとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、これが今の悩みになっています。

    あなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、…

  • 転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今では求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方の求人も容易に知ることができますが、けれども、郊外や地方での求人の場合、どうしても選択肢が限られてくるのが難点でもあります。ですから、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの情報もアンテナを張っておきましょう。

    退職|これまでの私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を優先していました。

  • 前は求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。その理由は、大きな「転職サイト」は、構造上、都心の求人情報しかないからです。であったため、転職するときには「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、掲載される企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着タイプなのでピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「どんな求人があるかわからない」とイメージしている人もいるはずです。以外にも、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、これから転職希望の方は、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。有名な転職サイトのようにたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

    転職活動をする上での最後に残る難関として、今の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社がOKしても、現在働いている会社があなたを慰留してくる可能性があります。そのようなケースでは、障害を乗り越えて退職する、という強固な意志を貫くことが重要といえます。たとえ会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、堂々と伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動を成功させるためには必須です。

    退職|転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。ほとんどの企業は履歴書と職務経歴書に記載されていることを考慮した上で面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類が大切なポイントです。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容が充実していることも重要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書き綴りましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば部門の残業時間を何%減らしました、など明瞭に記してみましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

    再就職の際の面接は、規模の小さい企業であれば概ねは人事担当者になりますが、…

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、小企業であれば、概ね「人事」が面接官となりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。例を挙げるなら、ともに仕事をしていく現場の担当者、要するに課長や部長などの管理職クラスが面接をすることもあります。特に、事務系や営業系といったジャンルでは、資格のみでは判断がしづらいので、積極的に自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接担当の人たちに「この候補者は、きちんと主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

    転職時、とても重要なのが間違いなく「面接」である。

  • 再就職をする場合、かなり重要視されるのが「面接」になります。普通一般的な面接では応募者に対して、転職理由などいろいろな質問が飛んできますが、面白いことに面接の終わり頃になりますと、転職希望をする人からの聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当者から「なにか弊社で働くことについて、聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が対応できず、アタフタしてしまうかもしれません。そんなときのために、前もって不安に感じていることや疑問などの質問の内容を用意しておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

    退職|この前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 一昨日転職先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングを行うために現れた担当者の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、こちらが説明していることの3割もわかってはいない模様だったのです。それなのに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが大切です」等、経験豊富なベテランのように偉そうに言うからとても嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はある程度社会人の経験がある人にしてほしいものです。

    退職|スムーズに転職したい時は、希望先転職先の会社企業というよ…

  • 転職活動といえば、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが肝心といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、初歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いをするような意識で向かうのも大事でしょう。また面接内ではまず最初にあなたの人柄や人間性をチェックされるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意し控えましょう。また社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    古来より日本には「石の上にも三年」という格言があります。

  • 「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。現在の社会ではないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。ただ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職しようと考える場合、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。とりあえず、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、不服を感じる点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きしてみてください。この作業が、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ早々に、今より良い仕事を手に入れるべく頑張ってみましょう。

    全く経験のない業界などに転身したいと考えている場合には、…

  • 全くの未経験の業界などに転職を行う際は、自分が前の職場で育んできた腕前や経験を発揮することができるという内容のアピールがいるようになります。そのジャンルで経験をしたことがないという人は未経験の分だけそのジャンルを経験している人よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている能力がその業種でも生きるということをうまく伝えれば、戦うことができる場合も十分に考えられるのです。なので、未経験であるジャンルに挑戦するときには、その業界と今まで自分が経験してきた職務との関係性をできる限り探しましょう。