就職した会社で怒りっぽい上司に悩まされ、やる気がなくなってその会社を退職し…

就業していた会社で性格が合わない上司に頭を抱え、やっていくのは難しいと考えてその会社を辞め・・

  • 勤めていた会社で嫌な感じの上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、結局耐えきれずにその会社は辞め、ある他の同業の会社に転職しました。転職先の会社では人間関係も良好で本当に充実した日々でしたが、だんだんと業績が落ち込み、最後にはとある会社に経営統合されることになりました。ところがその統合した先の会社がなんと以前勤務していた会社で、その上すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当たり前ですがもう一度転職活動を開始しています。
  • 就職活動をする際に注意すべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高め…

  • 就職のため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることが少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料に残業代を含んでおくというものです。(注意・違法ではありません)『みなし残業代35時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という意味になるわけです。が、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですのでよく気を付けてください。
  • 以前は求人誌では、「性別」がしっかりと記載されていました。

  • 前の求人誌には、募集条件の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用する際、男女差別があってはいけない事となり、応募条件の概要に「性別」が記載されなくなりました。それでも、求人する側には本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。ですので、実は男手を必要な会社に女性が応募してきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読み取ることが確実です。
  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして現在、資格取得のた…

  • これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在は資格を取るべく派遣社員になりました。常勤の勤務とは異なるため、毎月の収入は以前よりも少ないです。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、もっと学生のときに資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かして働いている方に会うとかなり羨ましいと見えてしまいます。以前までの私は自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリする日もありました。しかし現在は、結婚を経験し、随分と生活自体が大きく変わり、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • シフトの仕事についての話です。

  • シフトの業務についてです。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法をあらかじめ確認しておきましょう。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代役として、正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。産休に入った人が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、よく我慢してやってこれたと思います。
  • 自分の大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由でレストランで働いていた期間があります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係でとても嫌になってしまったのです。ということが引き金になり、職場を離れたのですが、その結果、大好きだった食べることやその店で提供していた食べ物も嫌になってしまい、類似の店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり見直す必要があります。
  • 長い間接客業で仕事を続けてきたのですが、歳をとるにつ・・

  • 長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、年をとったせいか立って行う仕事は体力的につらいため、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を志して動き始めました。事務が未経験だと少々難しくて、接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格を取得して個人の病院に転職することができました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃より家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、最初はキャリアを形成する時期と割り切り頑張ります。
  • 退職|もしも転職前、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしま・・

  • もし転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。時には、残業時間を意図的に増やされることもあるので、むやみに転職のことを口にするのは考えものです。上記のようなトラブルを避けるためにも、仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係を維持したまま、気持ちよく会社を退職できます。さらに、トラブルなく退職できれば、転職後に、何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスも手に入るはずです。業界や規模に関係なく、どのような会社も人との縁はとても重要なので、退職前のトラブルはしっかり回避しておきましょう。
  • 退職と転職を繰り返さないためには、少しコツがいります。

  • 転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返しません。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるコツはたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強化することができます。その行動とは、海外に行くことです。海外に旅行に行くと文化も言葉も大きく異なるので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え面接を行えば、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職後しばらくは精神的にまいっている人も多いので休みも必要です。
  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。とはいっても、働きながら求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神的だけでなく肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、それを同僚や上司に隠す必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく直接応募していた場合も応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておく必要があります。
  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が主導する現政権によって、…

  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理による現政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策共々日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても今までとは違う社会的な変化が増えつつあります。その作用もあって民間企業のあいだでも今度は労働人口減による人手不足が社会問題化しつつあります。将来、「外国人の労働者」の割合を高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 退職|転職サイトは知名度の高いサイトの方が多数の求人情報がが掲載されているた…

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される企業も豊富なため、興味を引く2~3社を、ともかくウェブサイトに登録して、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、加えて条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。しかし、最初に限っては登録するのにかなり手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は少し時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後の応募を考えれば、最初の準備に手を抜かないことを心がけるのが賢明です。
  • 退職|安定的な暮らしを手に入れるべく正規社員として働こうと考えている人…

  • 安定的な暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人がかなり多いと思います。しかし、相当に頑張っているのに正社員として雇用されることが難しいこともあります。準社員の求人募集があっても、正規雇用の求人情報以外には目もくれず時間を空費している人が多いといいます。なかなか、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、成果によって数年で契約社員から正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですから面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかをヒアリングしておくと良いでしょう。
  • 退職|新しく就いた仕事でそれまでに培ってきたスキル・キャリア生かすことができたら…

  • 新たな仕事でそれまでのスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から扱われ、すぐに仕事場にも馴染めるはずです。また会社サイドしても、そのような即戦力は常に必要なので、タイミングがうまく合えばうまく事が運びやすいといえます。それに加えてかつての仕事内容と同じような環境の職種なら見通しは十分にあります。但し、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職系や公務員(国家・地方ともに)などは、時代や景気に関係なく中々の競争率となるのは違いないでしょう。
  • 退職|今の時代は株・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、…

  • 今の時代は株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得たり、個人経営 といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった常識も変わってきています。高度経済成長時代の際には、安定しない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれていました。人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認知されていました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」という風にも表現されています。機械化、自動化が進んで機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。
  • 転職活動をするいあたっては、予め、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たり…

  • 転職を行うとき、はじめに、ハローワークの求人票を見たりして気になる会社を調査するでしょう。ところが、当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。その類の会社や社員に関連する情報については、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に情報を信じて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は文句をつけて、辞めさせないように考えています。この種のブラック企業には気を付けましょう。