仕事を変えようと考えている時に閲覧することになる募集内容の情報というのは、…

仕事を変えようと考えている時に注視する募集要項の情報というの…

  • 再就職をする時に見る募集事項は、参考程度に、アバウトに書いてある、ということもあります。ですから、情報として記載されていることを100%正しいものだと当てにしない方が賢明です。中でもとりわけ報酬の額などに関しては、一般的なのか?最低限なのか?最高値なのか?といった見極めができる転職者は少なく、自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、今後、悔いが残る事も少なからずあるでしょう。そんな訳で、募集事項に関しては、参考程度に考えて、そういった情報は会社に直に確かめるのが好ましいでしょう。

    退職|最近PCを見ればネットのエリアには、今では転職系のサイト…

  • とみにスマートフォンを使えばネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが多すぎるくらい存在しているのをご存知でしょうか?サイトを見て自分が求めている転職先と思えるのを見つけるには最初は情報収集です。こんな転職サイトを上手く使うことで、スムーズな転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかりチェックしてみましょう。

    友人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。ですが、転職した先の労働環境やその他の労働条件といった部分について友人からの口コミ情報のみで過剰に信じるとあとで後悔するかもしれません。口コミの中でもある特定の人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに紹介した人にしたら居心地の良い職場環境に思えても、、自分の価値観に照らし合わせたときには、そうではない環境かもしれません。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、自分の目でしっかりチェックしてみてください。

    退職|失業した人がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、…

  • 失業者が受け取れる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急いで職探しをしたとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。

    転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている…

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひチェックしていただきたいことがあります。派遣業務については、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をイメージする方がおそらく少なくないとは思います。実はかく言う私もそう勘違いしていました。現在働いている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「担当業務は電話対応になります」と説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、いざ入社してみると、「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明とは全く違うので日々とても困惑しています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    再就職先を探している間は、ついついダラダラとした生活になりやすいですよね。

  • 転職するための期間中は、どうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。だとしても、そのような生活をしないことがお勧めです。人というのは、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。そのうち、仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうすると、悪いサイクルにはまり次の仕事がきちんと見つけられなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を一番に考えるからです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

    退職|今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業…

  • これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 業種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナス部分について知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索によってカンタンにすぐに現実を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、入社した場合、あとから後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出ていた理由が「仕事がキツイから人がすぐに辞めてしまう」というケースが少なくないため、興味をもった案件や業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

    再就職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。

  • 再就職にあたって相応の準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見える「服装」は重要なことだと感じてしまいます。けれど、近年の企業面接では私服が多い会社があるので、スーツで面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の設立間もない会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服で行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服だと時には面接時に洋服について、盛り上がる可能性もあるので、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、これから転職するのなら、気になる企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

    就労期間中なら、可能なかぎり周囲に気づかれないように…

  • 就労中はできたら、周りの人間にバレないように(自身の転職活動では)在職期間中に転職する意図だけ、早い段階で社内で話してみました。ですが、その後求人サイトを散々見て回ったものの、結局転職する転職時期さえも無鉄砲に進めていたので、あっという間に時間だけが過ぎてしまいました。その傍ら、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経て次の就業先を見付ける活動をはじめました。

    退職|派遣社員になっても1年経ったら任意のタイミングで辞められるわけではないと…

  • 派遣社員だからといっても、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を通じて実感しました。新婚生活が落ちついたあとすぐに子供がほしかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の職場でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正規よりも月収は少なめでしたが、ですが時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社後、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年~15年ほど勤務しているというのです。結論として派遣を選択しても、期間が過ぎたら辞められる雰囲気ではないと気付かされ、これが今の悩みになっています。

    退職|もしもあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」など・・

  • もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」など、大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。この頃は転職サイトを活用すれば、郊外や地方の求人も手軽にアクセスできます。地方や郊外での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。したがって求人情報サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよく確認しておかれることをお勧めします。そうした機関の転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。

    今までは、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 今まで私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。というのは、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、いくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、昔から地域に密着した企業も多くあり、探しやすい魅力があります。「聞いたことのない企業ばかりで不安」というイメージがある人も多数いるはずです。ですが、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、そろそろ転職を希望しているのなら、お近くのハローワークに1度行ってみるのも手です。有名な転職サイトみたいにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

    退職|転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として…

  • 転職活動における最後に残る壁として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、今いる会社があなたを放出したくないとして慰留するというのもありがちなケースです。そうなった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な信念を維持することが大事でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。それから、決定権を持つ上司と直接話し、退職を撤回する考えはありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動を成功させるためには必須です。

    転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。大半の会社が履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類の作成が重要です。ただ記入するだけにとどまらず、内容が充実していることも重要です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入しましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが得策です。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分のブランディングのために活用をはかることも有益な方法です。

    転職時の採用面接では、小企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当になります…

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業であれば大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、別の場合もあるようです。実際にこれから職場でかかわりの深くなる作業部署の責任者、平たく言えば課長・部長などの役職の人が面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ、営業系や事務系に転職する場合は資格だけでは具体的なイメージがないので、自発的に自分自身を売り込んでいくことがとても大事です。面接官の誰からも「この男はしっかり主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

    再就職する際、比較的重要なのが「面接」なのは間違いありません。

  • 再就職する際、比較的重要なのが「面接」というものです。よくある面接の際は応募者に対し、転職を決めた理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして必ず、面接終了の直前に転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「弊社で働くことについて何か疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人は急なことなので何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前には面接官からの問いに際し、質問の内容を準備しておくことをお勧めします。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。