先週新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。

退職|この前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に足を運びました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングを行いに出てきた担当の人の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、私が説明したことの5割も彼は理解していないように見えました。それにもかかわらず「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと強みをはっきりとさせる必要があります」とか、わかったふうに偉そうにのたまうからすごく不愉快でした。カウンセリング担当者はいくらか社会人の経験がある方にしてほしいものです。

転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」との…

転職活動を成功させたい場合、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接官との勝負ともいえます。面接で結果を出すためにも、先ずは面接の時間になる前に焦らずに対応することを心がけましょう。「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく望むと良いかもしれません。面接係員はまずはじめにあなたの「人間性」を見られるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、昨今、その背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。しかし、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。実際に再就職しようと考えるなら、時期を図る必要があります。最初に、今現在の職場、仕事内容について具体的に、不満に思っている点を5~10個ほど、探しておきましょう。こうした作業をしておくことによって、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、良い仕事を手に入れられるように頑張ってみましょう。

経験のない業種などに職を変えようとするときには、以前の職場で、自分が…

未経験である業界などに転職したい場合には、以前の職場で培ってきた腕前やこれまでの経験が生きるという内容の訴えが必要になります。そのジャンルで経験をしたことがないという人は未経験の分だけそのジャンルの経験者よりも実際のところ、不利になりますけど、自らが保持している能力がそこで生きるということを話すことができれば、戦うことができる場合も多くあります。それゆえに、経験が全くない業種に挑む際には、その分野と自分がこれまでやってきた職務との関係性を可能な限り見つけ出しましょう。

ほとんどの場合大手企業は「定期採用」で人材を確保するた・・

一般的観点からすると大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には不向きです。そのうえ、都心を離れるとその機会はずっと低くなります。例外的に、「製造業」関連であれば、地方の工業団地近辺に製造工場を持っていることも多々あります。さらに、そういう地方の工場に的を絞れば、事業を拡大する時に「中途採用」をしていることが多々あるので、そういったチャンスを利用して転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したい場合、希望する会社についての下調べから事前に知っておきましょう。公式サイトをチェックし、人員募集の有無など、ちょくちょく確認しておきましょう。

転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。特に、入社したはじめの年度は、大概「試用期間」が含まれているというのが可能性は少なくありません。私の転職したときは、なんとか手に入った職場なのに、予想に反してそれまでの職場での年間報酬とあんまり変わりませんでした。しかも仕事はとてもキツく、たいへん責任も重大だったために、はじめの1年は、かなり苦労しました。そのような実体験から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できれば転職するよりも以前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

退職|転職活動中に、面接時に高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていると面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これと違って転職理由についてストレートに伝えるのはよくありません。例をあげれば給料に関する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者によいイメージを与えるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重に質問をしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、「入社したら、〇〇をやっていきます5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないの…

ついこの間、転職したばかりというのに、すぐに辞めてしまうという届を提出する人が意外にも多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私の考えをいうと気持ちも新たに、自分に合った仕事を見つけたというのに、「自分自身の想像していた仕事とかなりギャップがあって幻滅した」「こんなはずが・・・」というワケで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。できればこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、初歩として、転職先の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場環境、具体的な業務内容、などチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、…

失業保険を毎月、給付してもらうには、職を見つけようとしていることが条件になります。とはいえ、現実は「会社に行かなくて良いし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。本当に次の仕事先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのは当然ながら必要として、その場にて、求人票を見ることは必ずやっておきましょうまじめに探す気が無い時には、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワークスタッフとの面談で、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が確認できませんでした」と告げて次に期待しましょう。

転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで良い・・

職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと言われる場合があります。しかし、なかには、クールビズで面接するのは実際は失礼に当たるのでは?と懸念する人もいます。そういうことで悩みを懐に抱えている人に進言したいのは、クールビズで来ても良いとされた面接なら、書かれている内容を素直に聞き入れたほうが堅いです。迷うことによってしまい、汗をかく季節にクールビズでないのは面接担当者に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

女性が転職する際、今日と一昔前では多少の違いがあります。

女性の転職については、今と一昔前では少なからず、違ってきている点があります。過去には面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の予定などのことに関して、質問されることがありました。ところが、現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラに該当するかもしれないので質問されないこと、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっています。しかし実際、企業側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性が結婚後・育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。自分自身の考えを知ってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら表現することで、企業側のモヤモヤも解消できると思うわけです。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所もこちらが先んじて積極的に話をしておくのが良いでしょう。

転職時の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の就活…

転職の面接で必要となるスーツの色味は、新卒の就職活動に着る色が良いとされています。ですので、紺や黒などのような落ち着いたカラーになります。それが、再就職の場面においても、着用するビジネススーツの色味はこういったような暗い感じのカラーが圧倒的な数を占めていて、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんど見かけることはありません。その他の色で言えば、たまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、ほぼ黒や紺色が多く、面接を行う人事側からしてもそういった色が普通のように感じてしまいますから、見た目の印象という面ではぜひおすすめします。

そのうちでも転職活動しようと思うのなら、今いる業務の何に対して不満を感じているのか・・

そろそろ転職を予定しているのなら、現在の業務の何が気に入らないのかを洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満があるからこそ、転職しようと思われているはずです。でも「現在の客観的にみた不満を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そして、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を抑えることはできるでしょう。

転職のための面接に希望先の会社へ訪ねました。

転職時の面接にとある会社に行ったときのことです。社内の部屋が空きがないということで外の会場で待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散ということになり、面接官も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。ですから電車の中においても面接担当者と一緒におしゃべりをしながら帰ることとなり、そのため打ち解けて話が盛り上がり、それがプラスに働いたのか何事もないまま採用をゲットすることができました。

今あるスキルや資格を有効活用しつつ、再就職する場合…

自身のスキルをふまえて転職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種としづらい業種を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」が、代表的といえます。医療・介護の分野では看護師や介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高めの業種ともいえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な理由により、異業種に転職したいと考えているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、安易に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

私たちの労働環境は、今後ますます簡単な仕事は機械化に置き換わって…

私たちの労働環境は、近い将来着実に考えなくてもできる労働は機械に変換されてその切り替えによってそういう仕事をする労働力は減っていきます。なぜなら簡単な作業は人間が作業するよりも機械でやったほうが圧倒的に強いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ作業をずっと反復したりすることは機械にとってはへっちゃらです。人と違って不平不満を言わないし、疲れ知らず、不正をすることもないし、正確だし均一化できるのも魅力です。おまけに人と違って報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういった点から、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化の流れは自然の結果といえます。