退職|安定的な暮らしを希望して正社員になろうとしている人・・

より安定した暮らしを求めて正社員として働きたいと思っている人・・

  • より安定した生活基盤を願い正社員として働こうと思っている人は相当います。ただ、努力しても、正社員として雇い入れてもらうことが叶えられないこともあるでしょう。契約社員の求人があっても、正社員の求人募集以外はそっちのけで時間を空費している人が多いといいます。なかなか、正規雇用での転職が厳しいのなら、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。会社の一部は、働き手の活躍の度合いによって数年で正社員への転身を狙えることもあるんです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性があるかどうかを訊いておくようにすれば将来設計も組みやすくなります。
  • 転職した会社でそれまでに身に付けたスキル・キャリア活かせられれば、…

  • 新しい職場で、自身の過去のスキル・キャリア活かせられれば、即戦力となって早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に雇い主側も大いに助かると言うものです。タイミングさえ合致すれば、難なく事が運ぶでしょう。更に以前の働いていた仕事と似た業務内容なら転職はとても楽となります。しかし、即戦力となる基準を満たしていても、大手企業の事務系の業務や、公務員といったジャンルは、昔と変わらずかなりの難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 現在では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり・・

  • 今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得のほか、自営業・起業といった生き方も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった見解も変わってきています。高度経済成長期に関しては先行きがみえない個人事業や株式よりも雇用されて働くほうが大いに安定性があり、人生の花形として、世の中に認識されてはいました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」という風にも表現されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 転職を行うにあたっては、始める前に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりして…

  • 転職するのなら、あらかじめ、公式サイト、求人票、パンフレットといったもので興味のある会社をチェックするでしょう。しかし、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その種の会社情報や社員のインタビューについては、額面通りではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。鵜呑みにして入社した場合、期待していたことと全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、文句をつけながら辞めさせないように仕向けてきます。この種のブラック企業には気を付けましょう。
  • 退職|派遣会社に登録した上で仕事をする人が近頃増える傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が現在多くなっていますが、派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかをなるべく面接時に質問しておきましょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りに、手数料を天引きする仕組みです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、悪い業者では、2割しか労働者に還元しないというケースもあり得ます。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できることなら違う派遣業者を利用されることをおすすめします。
  • 職を探すのに、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン…

  • 職探しをするにあたっては、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)すなわち斡旋してくれる会社がありますが、そういった場所で登録し、めでたく就職できた場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを通さずに就職しても給付されないので注意が必要。これと違って、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就職したときは、就職のための必要なものを揃えるための一時金が支払われます。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを知っておかないと失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。
  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かったので、…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かりました。すぐに担当者から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、けだるい表情を見せ、なんとか面接を終えました。しかし、予定日になっても結果連絡が一切来ず、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でふたたび、問い合わせてみた結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、とすぐに電話を切られてしまいました。あまりの対応にしばらく言葉も見つかりませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思います・・

  • 転職する場合は、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に有益です。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。ですが、実態は『クロ』で「これではいけないと思い、火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることで注目されるので黙認しますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になる覚悟をする必要があると判断して問題ないでしょう。何より、善良企業の場合トラブルなんて発生しません。
  • いい会社の社員になりたいと転職活動をしている中の人…

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職をする活動をしている人の大半は「できるだけはやく、内定がもらいたい」と思っているものです。でも、その気持ちが強くて内定が欲しいばかりに、自身の能力に関して嘘をついたり、また反対に自分を過小評価にしかならない言動は可能な限り止めておきましょう。焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を見極めましょう。
  • 退職|近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

  • 今から転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。会社側できちんと雇用保険を払っているところであれば、だれでももらえます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐにもらえる場合もあります。さらに受け取れる「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の近々の給料を基準にして支給する額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 転職したい会社で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職先での見学に参加するとすごく勉強になります。また、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるので楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはたいていの場合、本来の仕事現場を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でないと、実際の姿はわからないものです。なので、「見学現場=仕事現場」と考えないことが良いです。加えて、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社していない人間には、何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障が一切ないため、仕事体験を勧められてもやんわりと断るとこが大切です。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。しかし、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それと同時に転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することでいろんな企業について知ることができますし、加えて、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けにいくつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが奏功してフェアでの交流の中で企業から興味を持ってもらえたら、そのあとの面接に進む際に有利になることが期待できます。
  • 退職|再就職時の面接で必ず聞きだされることが前に働いていた会社を退職し…

  • 転職をする際に面接でかなり高い確率で投げかけられる質問が前に働いていた会社を辞職した理由についてですが、この質問に回答する際には退職した会社を話の中心にしないほうが安全です。会社を辞めた理由に焦点を当てると必ずマイナス要素を取り込んだ内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、前の職場を辞めたのはこの職場にどうしても入社したい理由があったからといった話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて自分が入りたい会社に話の内容をもっていくべきなのです。転職理由でも、そういった話ならば、マイナス面を消し好印象の辞職の理由にすることができます。
  • 転職活動をスタートするときに、まずは今の会社を辞職して・・

  • 転職活動を行うときに、会社を辞めてからという考え方もありますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつ支給されるかについて事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを出す企業はいくらでも存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスの支給の日まで数か月しかないのなら、支給日を過ぎてから退職するという手も得策です。ボーナスは少々たくさんもらえると思うので、頂いておいた方が良いと明白ですから、辞職する際にはボーナスの支給時期についてまず第一に確かめておくと良いです。
  • 退職|生涯初の失業保険をもらう場合、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人・・

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、じっとしていれば給付されると考えている人が非常に多いですが、それは正しくありません。実のところ、きちんと「就職活動」をしていることが必須で、加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でハローワークの職員と話し合いをして、真摯に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付が行われるという仕組みです。これに対し、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談を欠席した場合は、アッサリと給付がされなかったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために充分に注意しましょう。
  • 転職するのなら、先に資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしあなたが転職を考えているのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくと、転職活動にそれを有効活用できるので、新たな仕事を見つけやすくなります。そういうわけで、資格取得は、在職期間中がベストなタイミングです。もしもあなたが未来を考え、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも心残りもなく、前に進んでいけます。また、資格を取得した後では、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、これまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。