転職を行うにあたって、現在勤務している会社を辞める…

転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが…

転職するにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしあなたの都合で退職願を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてからすぐさま失業保険を受け取ることができます。

大手の就職エージェントに限って、多くの案件を抱えて…

大きな転職エージェントほど、多数の案件を持っているという強みがありますが、反面、転職を希望する競合者も多くいる可能性が高いです。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントのスタッフ側が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してもらえないこともありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、その人を優先して売り込もうとするのです。つまり大規模なエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりけっこう難しいので、策略を変更して比較的規模が小さいエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか話しをすると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接において、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

転職について考えた場合、転職先での自分の給与ばかりを気にする人・・

転職する場合、その職場の自分の給料ばかりを気にする人は、意外と多いように思います。もちろん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るために働いているでしょう。だから年収は自身の社会的な価値を知る値という見方もできますから、とうぜん大切に思うのは当然ともいえます。しかしながら、ひどく年収というものにとらわれすぎてしまうのも悲しいものです。この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが少なくないからです。

再就職をする時に注意を向ける募集要項は、基準的なものとし・・

転職をする時に閲覧する仕事の情報というのは、基準的なものとして書いてある可能性もあり得ますので、そこに記載されている内容は正しい情報だとは迂闊に信頼しないほうが好ましいと言えます。とりわけ給与の額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような評価ができる人は少なく、自分判断でわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをすることもあり得ます。ですから、悔しい思いをしなくて済むように、求人に書かれている情報は基準だと思って、そのようなとても大切な事は直に確認を取ってみた方がベストです。

世の中は変わっていてパソコンは便利でインターネットの世界では・・

この頃はスマホを使えばインターネットの世界では、「転職のためのサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自身にピッタリの転職先と思えるのを見つけるにはまずは情報を収集することが欠かせません。こんな「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、満足度の高い転職が実現します。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。

人からの紹介を通じて転職する先を探すこともあるでしょう。

知人による紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。でも、転職の先の労働環境やあるいは労働時間などの大切な部分を友人知人からの口コミだけを過剰に信じるとあとで問題になるかもしれません。口コミである以上、ある特定の人の口コミ情報というものはその人の主観に基づいているからです。それ故に紹介した人にとって、ベストな働く場所だったとしても、自身には、イマイチな可能性があります。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最終的には自身の目でチェックしておくようにしましょう。

失業によって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが…

失業した人に給付される失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、延々と給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、90日とか120日とか決められるのですがなんとこれを知らずに失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急いで職探しをしても良い結果につながらない可能性が高いのです。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかについてだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受からないでしょう。

退職|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人・・

転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてほしい点が何点かあります。なんとなく派遣業務については、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような仕事をなんとなく考えた方が少なくないでしょう。最初は私もまさにそう思っていました。今の職場に入るまでは電話応対と聞いていました。面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々かなりきついです。とにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間がある分…

転職活動中は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そんな風な生活を習慣にするのはキケンです。人というのは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。こうして、悪いサイクルができてしまい、次の職場をうまく見つけられなくなります。転職先を決められないのは、もらえるお金を最優先に考えるからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは業…

転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職種)があったら、忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントの言葉からは業界のマイナス部分について、知ることはできません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索によってカンタンに瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そうしたチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとで落胆してしまう可能性もあります。その求人が出ている理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といった場合が多くを占めるため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

再就職にあたってそれなりの準備は必要です。

転職を進めるには、それなりの準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に映る「服装」は、気になる人が多くいます。…が、ここ数年の、面接については、形式ばらない服装がOKな企業があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に行く必要はありません。とくに創業してすぐの会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。また、フランクに会話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接中、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。転職する際は、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

在職中は極力周囲に悟られないよう、(私のときは)就労期間・・

雇用期間中なら、可能であれば、会社内の人にバレないよう(私のときは)雇用中に転職の意思表示のみを活動初期に会社内で話したことがあります。しかしながら、それから、求人誌を色々と見たものの、予想に反して働き先のあても仕事を変えるタイミングさえも無計画なまま進めていたので、やみくもに時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる手続き、自らの退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経験したのち、次の就職先を探すことになりました。

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ご・・

派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職を通じて実感しました。私は新婚した後、生活が落ちついたらできればすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の部署でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員より給料は少なかったですが、やはり時間的な融通が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣だからといって、期間が過ぎたら辞められる雰囲気ではないと気付かされ、悩みが増えました。

仮にあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」にお…

もしもあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと考える人が増加傾向にあります。一昔前とは違い転職サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人も手軽にアクセスできるようになりました。しかし、地方での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないので、その点がマイナスといえます。ですので、転職サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども頻繁に確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

退職|これまでは「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を優先していました。

今までの私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を活用していました。なぜなら、大抵の転職サイトは、なぜか都心の求人情報しか掲載していないからです。であったので、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、掲載されるいくらか知名度は低くなりますが、地域に根ざした情報がとても信頼性が高いです。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」というイメージがある人も多いとは思います。以外にも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、転職したい場合は、ハローワークに行って、相談するものいい案です。「転職サイト」のような大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。