退職・転職の囲み記事

違った職場につきたいと転職活動中のときの場合には「少しでもはや…

違った職場に入りたいと転職をする活動をしている中のときの場合は「一刻も早く内定(採用通知)をものにしたい」と思っているはずです。ですが、その気持ちが強くて内定通知を得たいばかり、自分の能力に関して嘘をついたり、あるいは反対に自分を安売りしてしまう言動は出来るだけ避けましょう。
退職・転職の囲み記事

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、シフトの出し方や休み方について、チェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。
退職・転職の囲み記事

退職|転職活動中に、「経験としてこういう職場の仕事をしました」…

今がんばっている転職する活動時、「これまでずっとこういう内容の仕事に尽力しました」「仕事の中でこういったスキルを得られました」と自分の実績をよく伝わるようにアピールする人はしばしば見かけます。ですが、志願し再スタートを狙う場所で「将来、このようなことをしてみたい」「私が経験したような事なら貢献したい」と将来のプランで自己をアピールする方がはるかに効果的だったりします。
退職・転職の囲み記事

現実に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。そうはいっても、現実は「会社を辞めとりあえずはゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。ということで、本当に職を探しているように見せることができるので教えておきます。
退職・転職の囲み記事

就労中には、できたら、周りの人間に気づかれないように…

在職中であるのなら、可能ならば、会社内の人に気づかれないように、(ちなみに私のときは)前職中に転業したいという考えのみ早い時期に同僚に仄めかしてみました。でも、それから、求人誌を色々と探してみたのですが、悲しいことに就職のあてもタイミングさえも無計画なまま決まらずいつの間にか時間を空費する結果に。挙句の果てには一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。
退職・転職の囲み記事

再就職における面接などに関して担当者が名刺を手渡してきたら、…

転職での面接などの時に担当者が名刺を差し出してきたら、こちら側も名刺を相手に渡すべきであるのか?と対応の仕方に迷った際は、たいていは差し出すことはないと考えておいてください。転職のための面接というものは仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動内のことです。ですからほとんどは名刺を交換する時とは異なります。
退職・転職の囲み記事

再就職で面接で絶対に追求されることが前に働いていた会社を辞職し…

再就職する場合の面接でかなり高い確率で聞かれるのは前の職を辞職したわけですが、この質問になった場合には辞めた会社から話題をそらしたほうが良いです。そのことを的に絞り話が進むと絶対に悪い印象を与える要素を伴った話になってしまいますから。この点のポイントは、前の職場を辞めたのはこの職場にどうしても入りたいと思っていたからといった感じに持っていくべきであり、自己アピールもかねて入社したい会社にスポットを当てるべきなのです。
退職・転職の囲み記事

転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

転社を繰り返さないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強くすることができます。
退職・転職の囲み記事

退職|転職時の面接では人事から「転職理由を聞かせて頂けますか・・

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」と必ずと言っていいほど訊かれます。この時、いかなる訳があったにせよ、前の仕事場での「人間関係」「働く環境」に関しての不満ともとれる回答などは、できるだけ避けましょう。
退職・転職の囲み記事

明日からでも転職をするに当たっては、現在の業務での納得いかない部分、不満に思う部分を…

今からでも転職を希望しているのなら、今いる仕事・業務の何に不満があるのかをハッキリとさせておきましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々不満なことが大きいから転職したい、と考えるのは分かります。でも「よく考えて現在の客観的に考えた満足できない点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。