退職・転職の囲み記事

退職|転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてもらいたい箇所が複数あります。一般的に派遣社員の業務については、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務をイメージされることがおそらく多いはずです。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。
退職・転職の囲み記事

退職|看護師という仕事の人の「転職しよう」と思う原因はその人によりけりです。

看護師のほかの仕事に転職の原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。看護師からの転職には「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産・子育て加えて親の介護など、環境のいろいろな変化など、今までと同じようには働き方ができなくなった」「今の収入に大きな不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられます。
退職・転職の囲み記事

違った職場の社員になりたいと転職をする活動をして…

今と違った企業がいいと転職をしようとがんばっているときの場合には「一刻も早く採用通知をもらいたい」と思ってしまうものです。でも、そういう気持ちで採用通知が欲しいばかり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、その逆に自分を能力を安く見積もった行動は出来るだけ止めておきましょう。
退職・転職の囲み記事

これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求…

これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接時に確認しておきましょう。以前に私自身が、産休で休む人の代わりにと正社員として働き始めたのですが、土日が固定シフトで新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。
退職・転職の囲み記事

今やっている転職する活動の際、「私は経験としてこのような内…

今がんばっている転職する活動で「自分はかつて、このような種類の仕事を長く続けてきました」「今までにこういった技術を得られました」と実績を強めにアピールする人はしばしば目にします。ところが、希望する再スタートを狙う企業で「将来、こういうような仕事をしたい」「こういうような内容の事ならぜひ貢献したい」と未来の姿を話して自身をアピールしていくほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。
退職・転職の囲み記事

実際に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることが必要なのです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。しかし、現実は「ハードワークから解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。そこで、本当に次の仕事を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。
退職・転職の囲み記事

在職期間中なら、できたら、周りの人に悟られないよ…

在職期間中なら、なるべく社内の人間に気づかれないように、(私の場合)就労期間中に転職の意思表示のみを活動初期に周りの人に言ってみたことがありました。とはいうものの、それから、求人誌を必死に色々と見たものの、結局は働き先のあても転職するタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、いつの間にか時間がムダになるだけでした。そして一方の当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。
退職・転職の囲み記事

転職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、こちら側も名刺を相・・

転職の面接などの場面で担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと悩んだときは、普通一般的には渡すことはないと覚えておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の一環ではなく、就職活動の一部であるわけですから、普通一般的には名刺を交換する時間ではありません。
退職・転職の囲み記事

転職をする際に面接で100%問われるのは前に働いていた会社を辞職…

再就職をする時に面接でだいたい質問されるのは会社を退職した原因のことですが、このような質問が出た場合には話の内容を退職した会社に向けない方が安全です。前職を退職した経緯が的にされてしまうとどうしてもマイナス要素を取り込んだ話題になってしまうので。どういう風に進めればいいかというと前職を退職したのはこちらの会社にぜひとも入りたいという考えがあったからといった内容に持っていくべきであり、今、自分が面接している会社に話の内容をもっていくべきなのです。
退職・転職の囲み記事

退職と転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くする自己啓発系の情報はたくさんあります。加えて、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強くすることが可能です。