退職・転職の囲み記事

退職・転職の囲み記事

転職時の面接の時に担当者から「転職理由は?」という風・・

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。このとき、どのような理由であれ、「労働環境」「人づきあい」についての愚痴とも受け止められる内容は、絶対に話すのはやめておきましょう。
退職・転職の囲み記事

そのうちでも転職することを考えているのなら、今いる業…

転職しようと思うのなら、現在の仕事・業務の何に不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。不満なことにガマンできないから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えて存在する職場・業務の客観的にみた不満を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。
退職・転職の囲み記事

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後の難問として、現在の仕事を辞めることがあげられます。転職先の企業が採用の内定を出しても、現在勤務している企業が、あなたを離したくないと慰留することは多々あります。そのようなケースでは、「何が何でも退職する」という強い信念を持つことが必要でしょう。
退職・転職の囲み記事

転職するにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけません・・

転職のために現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、仮にあなたの側から退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。
退職・転職の囲み記事

新卒採用で入った会社にお別れをして、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒採用で入社しましたが、思い切って転職すると決めました。会社を退職する前は、1人で悩み、辛い気持ちでした。しかし、会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであると転職活動中に学び、自然と気持ちは楽になりました。1回でも転職をするとふしぎなことに精神的に楽になり、自分に適した仕事を探すことが出来て毎日が充実したものになりました。
退職・転職の囲み記事

安定を送りたいと「正社員」になりたいと思っている・・

安定した暮らしを欲しがり「正社員」として働くことを意識している人が相当います。しかし、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに中々正社員としての転職活動そのものが叶えられないこともあります。非正規雇用者の求人は結構あるのに正社員の求人募集に執着しすぎて、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。
退職・転職の囲み記事

派遣の会社に登録をしています。

派遣会社で働いています。ウェブサイトの中でなんとなく興味を引かれる仕事を探し出して確認したところ「その仕事はもうすでに他の人で話が進んでいます」と言われてしまい瞬間的にサイトの中からお仕事の情報が消えるのですが、その翌日に閲覧すると元に戻っています。それって結局私だとダメっていうことですよね。
退職・転職の囲み記事

今の自身の職場や業務内容に対して、不満に感じていることの中に・・

今現在の職場や業務内容について不服に思っていることの中に、「自身の持っている能力(スキル)をきちんと評価されていない」したがって、「賃金アップも、出世の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。けれど、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、本人が自分自身の本来の能力を実際よりも過剰評価していることが少なくありません。
退職・転職の囲み記事

退職|数日前人材紹介会社へと登録に向かいました。

一昨日人材会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員じゃないかと思う人で、こちら側が説明している話の5割ほどもその社員は理解していないように見えました。さらに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みについて考えることが大切です」等、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうに話すので大変不愉快でした。
退職・転職の囲み記事

退職|再就職をする時に閲覧する募集要項については、目安と…

仕事を変えようとしようとしている時に注意を向ける募集要項については、基準的なものとして書いてある、という確率があります。そのため、記載されている内容は100%正しいものだと安易に信じないほうが最善でしょう。中でも特に報酬に関しては社員を平均した額なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?というような判断ができない場合が多く、適当な判断でとらえてしまうと、後悔する事も少なくありません。